ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2018年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

新しい生き方は、宇宙の現実化の仕組みから来ています。
常に、自分の意識を通じて、宇宙全体が一番幸せになるように現実化されています。
それが、この世界がつくられる仕組みです。

ですから、自分の思いが一番にはならないかもしれません。
そして、それがいつ現実になるのかもわかりません。
そんなことから、神意識になるまでは、何とかやれればいい、と思わなければいけません。

そして、我慢も必要です。
いつも言っているように、それは、死ぬまでなくなりません。
そういう意識で、生きていく必要があります。

今、何とかやれているなら、それは今現在としては、一番幸せなのです。
これ以上は、神にならないとないのですから。
何とかやれているなら、今が一番幸せなのです。

もし、何とかやれていないなら、まずは、何とかするのが最優先です。
頭の中だけでは解決しません。
でも、何とかやれているなら、考えようです。

何とかやれているなら、今が一番幸せと考えます。
今が一番幸せなら、このまま起きてくることに委ねていればいいということになります。
映画を見ているように、ただ見ています。

あとは、今できることをやるだけです。
また、内側の感覚に敏感になっておきます。
来年やるのは、これだけです。

これくらいならできます。
気がつけば、今年ももう終わります。
来年は、これを徹底します。

by human-space | 2018-12-31 18:51 | diary | Comments(0)
今が一番幸せ、と思う。
現実に起きることに委ねて、それを客観的に見ている。
今やるべきことを、しっかりやる。

内側の感覚に敏感になる。
自分の行くべき方向の情報が得られます。
この頃、同じようなことばかり言っていますが、ちゃんと意識しておくために、言いすぎるということはありません。

来年からは、これを徹底していきます。
昔ながらの生き方から、かなり変わります。
ただ、見た目はほとんどわからないかもしれません。

でも、自分の中では、全然違っています。
今までいろいろ考えてみて、この考えの方が、今までの考えより賢明だと思います。
このほうが、宇宙レベルで、統一性があります。

このことを、生きている間にわかることができて、ラッキーです。
わからずに、終わってしまうことも十分考えられました。
そうならなかったのは、今まで、いろいろなことがありましたが正解だっということでしょう。

何をやっていたのやら、と思うひどい人生だと思っていましたが、そうではなかったということです。
まさにこれからが本番です。
これからどう生きるかで、人生が決まってきます。

わからなければしょうがありませんが、わかっていてできなかったというのは最悪です。
ちゃんと意識してやります。
それができれば、素晴らしい人生が待っているでしょう。


by human-space | 2018-12-30 19:26 | diary | Comments(0)
現在の物理学は、意識を無視して、語れなくなっています。
ただ、それを正確には誰も説明できていません。
はっきりしているのは、昔言っていた、この世界は単純な物理的な世界ではないということです。

一つの例として、シュレーディンガー方程式というものがあります。
もちろん、この数学的意味は全くわかりません。
ただ、そこで言われているのは、波のような性質を持った現実のものとは思えない何かが、意識を通すことで、この方程式に則って、粒子に収縮するというものです。

地球上の物理学者の誰もがわからないことを、わかろうはずもありませんが、はっきりしていのは、意識が何かの役割を果たしているということです。
「現実は、意識を通してつくられる」と、感覚的にそう思っています。
そう考えると、他のことも説明がつくからです。

宇宙が、自分の意識を通して、ベストのことを現実化しようとしている、ただ、宇宙全体の統一性が重視されるために、思い通りにはならない、ということです。
そして、時間もそれなりにかかってしまいます。
それが、人間の頭では理解できないために、思い通りにはならないと思ってしまいます。

もちろん、それを自分でやろうとしても、うまくいかないのは明らかです。
全てのことがわかっている宇宙でも、さっとはできないのです。
もがけばもがくほど、泥沼に入ってしまいます。

ですから、人間がやるべき懸命な策は、宇宙に委ねておくことです。
結果は、どうなるかは人間にはわからないのですから、もう考えないことです。
やるべきことは、やりたいことをちゃんと意識しておくことだけです。

やらなくてはいけないことは、宇宙が知らせてくれます。
それは、目の前のことです。
これが、宇宙が今やるべきことだと示してくれているのです。

それをやるだけです。
何も考えず、目の前のことをやる、です。
もちろん、現実的に普通には考えて行動します。

神にならない限り、100%何も考えないでやるということはできません。
でも基本的な考えは、これです。
このことを意識は、常にしておきます。

by human-space | 2018-12-29 21:54 | diary | Comments(0)
生きていく上での基本スタイルは、現実に起きることに委ねて、それを客観的に観ている状態です。
それをキープしていくことが大切です。
そして、今やるべきことをやっていくだけです。

現実に起きることは、だだのさざ波です。
全てはバリェーションで、何がいいか悪いかはありません。
そんなに、思い詰めなくていいと思います。

現実に起きることを、映画のように見ていることです。
自分が主人公で、監督です。
そして、宇宙というスタッフが、実際にベストの映画を作ってくれます。

それは、宇宙全体のベストなので、個人から見れば、思い通りではないかもしれませんが、出来るだけ、自分の意識は尊重されています。
それをただ、眺めていればいいだけです。
現実は、そんなに何のんびりとはしていれませんが、そういう気持ちでいるということです。

昨日は、大阪に加藤ミリヤのライブを見に行ってきました。
お酒を飲みながら、彼女の歌を近くで聞け、最高に贅沢な時間を過ごすことができました。
田舎では、とてもできません。

途中、阪神高速が渋滞で、開演に遅れそうになりました。
かなり遅れそうだと、運転手さんからアナウンスがあり、ノロノロ運転になり、かなり焦りました。
でも、このことを思い出し、間に合うだろうとのんびりとするように努めました。

それでも、状況を見て、これは無理だと判断して、難波で途中下車して、電車で梅田まで行きました。
それで何とか、開演10分前に着きました。
動きは素早くしましたが、おかげで気持ちは、それほど焦らずにすみました。

その間も、できるだけ、客観的に自分のしていることを見るようにしました。
映画のように、ちょっとしたスリルを味わいました。
映画を見ている時も、映画とわかっているけれども、ドキドキするそんな感じでしょうか。

結局、残り物に福ありで、この前と違った角度で、けっこう近くで見れました。
そこで最初は食事もする予定だったのが、間に合わなくて、会員サービスでついている、ワンドリンクのみになり、追加の料金はかかりませんでした。
結果、遅れたほうがよかったかのかもしれません。

ともかく、遅れたことをマイナスに考えず、平静でいれたのはよかったです。
ちょっと、言っていることを実行できました。
これからも、現実に委ねて、映画を見ている意識をしていきます。

by human-space | 2018-12-28 22:49 | diary | Comments(0)
来年は、基本ボチボチやるつもりですが、新しいことにもチャレンジしていきます。
今年頑張ったおかげで、来年は気持ちに余裕ができます。
テニスも、スピリチャルも急な坂は登り切りました。

来年からは、ダラダラと登っていくだけです。
少しずつは進歩していきますが、惰性で、進んでいけます。
それほど、肉体的にも精神的にもエネルギーは使わずに済みます。

頭の中に占める割合も減りそうです。
それなら、新しいこと始めるにはちょうどいいタイミングです。
年も変わることですし、いい区切りになります。

頭の中ではイメージはありますが、実際にどんなふうになりかは分かりません。
起きてくる現実に委ねるからです。
起きてくることは、自分がどう感じるかは分かりませんが、悪いことはないはずです。

宇宙は常に、自分の頭の中のベストな現実を作ってくれています。
それは宇宙のバランスをとって、現れてくるのですから、間違いありません。
その通りやっていけば、スムーズにうまくいきます。

それをやっていくだけです。
それは、その時になれば、それは分かります。
こんな分かりやすいことはないです。

もし何もないなら、何もないことがベストなのです。
それも受け入れます。
我慢して済むのなら、それがベストなのです。

それが、変わるよりいいことだということです。
神になるまでは、我慢は必須です。
なくなることはありません。

我慢とうまく付き合いながら、一生やっていきます。
宇宙が代わりのものを作ってくれるまでは、ただ我慢は続きます。
それでも、これがベストなのですから、よしです。

by human-space | 2018-12-26 20:13 | diary | Comments(0)
昨日言ったように、宇宙は、人の心を通じて、常にベストなことを現実化していると思います。
それは、自分だけでなく、宇宙全体のベストなことをやろうとしているため、どのようになるのか分かりませんし、すぐには実現できないかもしれません。
また、自分の心のレベルが低ければ、それにあったベストのことをやってくれるでしょうが、その結果は、そのレベルにあったことしかできないため、自分の思ったようなことにはならないかもしれません。

そんなことを考えると、今のような現実でも納得できます。
宇宙は頑張ってくれていますが、自分のレベルでは、こんなものなのでしょう。
それでも、前に比べれば、格段によくなっています。

「現実が絶対」、「現実がベスト」、「現実を認める」、「現実を受け入れる」、「現実に委ねる」と、朝の通勤にの車の中で言っていますが、前の4つは、「現実に委ねる」ための条件みたいなものです。
「現実に委ねる」と思えれば、その4つは含まれることになります。
今までは、その言葉をただ繰り返し言っているだけでしたが、今は、心から思えるようになりました。

腑に落ちた感じです。
現実がうまくいかなくても、他のもののせいにはできません。
宇宙はできる限りベストなことをやってくれているのですから、自分に問題があるのは明らかです。

何かあっても、自分の中にどのような問題があるのか考えてみます。
基本そういうふうにやっていきますが、条件反射的には、今までどおり、他のものせいにすることもあるでしょう。
でも、落ち着いたら、自分の問題としてちゃんと考えます。

ともかく、今やれることを、しっかりやっていきます。
あとは宇宙に委ねる、です。
結果は、宇宙にお任せ、です。

いつ、どこで終わっても、いいつもりでいます。
悔いのないよう、今できるベストのことをやっていきます。
それがやれていれば、それでよしです。

もちろん、やりたいことはまだまだあるので、やるつもりではいます。
それでも、運命は受け入れます。
そのつもりで、一日一日です。

by human-space | 2018-12-25 21:47 | diary | Comments(0)
心の中では、何でも好きなようにできます。
思い切り、思ったように描けます。
まさに天国です。

心の中だけなので、何の遠慮もいりません。
今日は、今まで遠慮していたスイッチを入れました。
自分の中では、まさに理想郷です。

心の中では、思い通りにやっても、誰にも迷惑はかかりません。
自分の中を通じて、宇宙が現実化するときは、そのようになります。
自分のベストが起きるのではなく、宇宙全体として、ベストなことが起きるからです。

全てのことがわかっている宇宙がやるので、うまくスムーズにできますが、全てのことがわかっていない人間がしようとすると、うまくスムーズにできません。
ですから、そうしようと自分ではジタバタしません。
宇宙が作ってくれて、外側に現れてくるのを待つだけです。

そして普段は、そのことを忘れて、今を生きていきます。
今が一番幸せと思えているなら、それが現れなくても、今のままでいいと思えているので、辛くありません。
ただ、いつも通り日々を淡々と生きていきます。

そして、もしそれが現れないのなら、ただの欲望だったことになります。
他の人に迷惑になるようなことだったら、宇宙は現実化してくれません。
現実化するか、それがいつどのようになるかは、宇宙任せです。

まさに、宇宙に委ねていきます。
今日は、今考えられる限り、自分の最高の人生を心に描きました。
もし実現したら、最高のクリスマスプレゼントになります。

まだ物はもらっていませんが、引換券をもらったような気がしています。
いつ届くかわかりませんが、気長に待ちます。
もしそうなるなら、自分では考えつかないような、思いもよらぬ方法で手に入れられるでしょう。

by human-space | 2018-12-24 19:23 | diary | Comments(0)
今日は、最近参加させてもらうようになった新しいテニスサークルの、今年最後の日でした。
天気が怪しい感じでしたが、先週もこんな感じでやれたので、迷わず出かけました。
そしたら、着いたとたん雨になりました。

車で1時間ちょっとかけて行ったのに、残念ながら中止です。
帰り道はふたとおりあるのですが、大判焼きが食べたくなって、そちらの店がある方で帰っていました。
そしたら、大型ショッピングセンターの近くを通った時、ふと、仕事の時の靴を探していたことを思い出し、指示器を出してさっと入りました。

結局、その靴も見つかり、他にダウンやかなり気に入ったパーカーまで買うことができました。
まさに雨のおかげです。
いい巡り合わせでした。

このことは自分の思っているものに合わせて、外側が動いてくれたように感じました。
昨日言ったような、靴が欲しいという自分の心を通して、現実化してくれたということでしょうか。
もちろん、たまたまかもしれませんが、そんな気もしています。

こういった体験を重ねることで、このことが心にしっくりくるようになってくるはずです。
滅多にない派手なことより、こんな、ちょっとしたことの積み重ねが大事です。
こんな事なら、毎日何かあります。

何気ない毎日が大事です。
常に意識的でいれば、何か気づくはずです。
一生、意識的でいます。

by human-space | 2018-12-23 19:28 | diary | Comments(0)
人間が、現実を作れないのは明らかです。
思いどりにならないということは、そういうことです。
どうも、人間の心が現実の反映されているようです。

心のフィルターを通すので、それ以上のものは出てきません。
今目の前の現実が、自分の心の中を反映しています。
宇宙が自分の心の中にあることを、常にベストに現実化してくれていると思っています。

もし現実が思ったようなものでないなら、外側に対処するのではなく、自分の内側を変えるようにすることです。
そうすれば、自然と現実が変わっていきます。
外側を変えようとしても、うまくいかないし、うまくいったとしても、一時的です。

根本的に対処するには、内側を変えるしかありません。
精神レベルが上がっていけば、自然と問題は解決されるでしょう。
理屈はこれでいいと思います。

ただ現実どうするかです。
内側に対処するといっても、どうしていいやらわかりません。
これに特効薬はありません。

地道に、できることをやっていくしかありません。
「今が一番幸せ」と言いつづけるというのも、一つの方法です。
そのうち、物理的に脳の回路が変わっていくので、確実な方法かもしれません。

でも自分の経験からいうと、時間はかかります。
何年も続けて、忘れた頃に、ボチボチ効果が出てきます。
何も期待せずに、続けていくしかありません。

ともかく、現実に起きることを、他のせいにしないことです。
原因は自分の心にあります。
そんな目で、現実を見ていきます。

by human-space | 2018-12-22 23:38 | diary | Comments(0)
来年は、慌てず、頑張りすぎず、ボチボチやる予定です。
今年は、その準備期間だったような気がします。
ボチボチやるには、テニスでは技術的な裏付けが必要です。

そして精神的にも、それなりのバックグラウンドがないと出来ません。
今年、その準備が出来ました。
来年こそは、のんびりとします。

今日は、来年の予行演習とばかり、ゆっくりとしていましたが、早速仕事で、バタバタしてしまいました。
のんびりやるのもの、なかなか難しいものです。
来年その通りやれるかどうかわかりませんが、今年よりは、間違いなくやれます。

今年を振り返ってみて、テニスは、だいぶん上手くなりました。
全てのショットが上達しました。
特にサーブが、安定してきたのが大きいです。

サーブに不安がないと、試合を楽しめるようになります。
今年は新しいサークルに参加できるようになりました。
来年は、これが中心になりそうです。

スピリチャル的にも、大きな進化がありました。
「何とかやれていればいい」と思えるようになりました。
今何とかやれているなら、「このままでいい」と考えられるようになり、もうジタバタしなくてもよくなりました。

今は神ではないので、我慢しなければいけないことが、なくなることはありません。
いろいろある今の現実は、完全には思えないけれども、自分の精神レベルからすると、ベストであるかもしれません。
それで、今何とかやれているなら「今が一番幸せ」な状態だと心から思えるようになりました。

人間には現実は作れないのですから、この現実は、宇宙が、自分の精神レベルのベストのことを作ってくれている、と考えることもできます。
それなら、自分でジタバタしなくても、現実に委ねていればいいことになります。
こんなバックグラウンドがあって、来年は、ボチボチやれると思います。

でも、性格がせっかちなので、今日のように、バタバタしてしまうかもしれません。
それでも、全体的には、だいぶんのんびりやれると思います。
来年を楽しみにします。

by human-space | 2018-12-21 20:18 | diary | Comments(0)